既得権打破

金ヶ崎秀明 3つの大きな改革
  • 行財政改革

    • 少子高齢化社会の到来で社会扶助費の増加に伴い全ての支出を「0」から見直し。
    • 時代に合った予算配分
      (災害対策、教育、商工観光、福祉、都市基盤整備など)
    • 民間活力の導入を目指す。
    • など

  • 公務員制度改革

    • 「身分」から「職業」へ意識改革。
    • 年功序列から能力主義の昇進昇給。
    • 社会福祉部局の専門職化。
    • 「職員基本条例」の制定を目指す。
    • など

  • 教育制度改革

    • 首長が民意を反映し、その方向性を判断。
      また民意を反映するために議会の関与が必要。
    • ゆとり教育の見直し、土曜日授業の再開を目指し学力を向上する。
    • 学校、地域、保護者で構成する「学校運営協議会」の設置を目指し、地域事情に合った学校づくりを実現する。(京都市全公立小中学校は導入)
    • 「教育基本条例」の制定を目指す。
    • など

議員活動

議員活動

市政報告活動

市政報告活動

保育園活動

保育園活動

育友会活動

育友会活動